どこに行ってもマナーは大切です

バイトの面接で最も気をつけなければならないことは、遅刻をしないということです。約束の時間の5分前には必ずついているようにしましょう。しかし、早すぎてもいけません。面接は基本仕事の合間を縫ってする場合が多いため、早くに行ってしまうと待つことになり、また、時間を守れない人間だと思われてしまうからです。指定の場所に行ったら、自分から自己紹介をするようにしましょう。受け身になってしまって、相手から話しかけられるのを待ってはいけません。指定された部屋に入ったら、まず、よろしくお願いしますと一礼をしましょう。そして、相手から促されたら座るように気をつけるべきです。自分から勝手に座るのはNGです。面接は相手から一方的に質問される形が基本となりますが、最後に何か質問はありませんかと問われる場合が多いですから、募集事項を読んだだけではわからないようなことを聞いておくことも大切です。こちらの希望を最初に伝えておくことは大切ですから、遠慮せずに要望を伝えましょう。そしてすべてが終わったら、ありがとうございました、と一礼することを忘れてはいけません。内容がどうであれ、わざわざ時間を割いてもらっているのですから、社会人のマナーとしてお礼をいいましょう。バイトの面接は就活のそれとは違いラフな部分もありますが、働く人間としてのある程度のマナーを持っていなければなりません。そうすることで、自分が希望した場所で働けるのですから、この機会に自分のマナーを見直してみては?そうやって身に付けた敬語やマナーは、バイトを始めてからも役に立つことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です