アルバイトの面接の心構え

初めてアルバイトをする人は、アルバイトの面接というと、どんなものなかのか全く想像できない人もいるでしょう。内容もピンからキリまでで、個人で簡単に雑談するようなラフなものもあれば、何人かの面接官がいて質疑応答を行うようなかしこまったものもあります。自分の応募先が、どのようなところなのか情報収集が必要です。服装ですが、スーツがよいか、私服でよいのか迷うことも多いと思います。一つ言えることは、露出の多い服や遊びに行くような格好はどこのアルバイトでもやめたほうがいいということです。アパレル系の職場でしたら、ファッションセンスなどを見ることもあるのでオシャレな私服で臨むこともあるかと思いますが、それでもだらしがない印象を与える格好は控えたほうがいいでしょう。判断材料としては、その職場で働いている人たちがどのような格好をしているかということです。社員がスーツで働いているような会社でしたら、面接はもちろんスーツで行くべきです。私服で働いているとしても、アパレル系意外でしたらスーツがよいでしょう。スーパーやコンビニでしたら、逆に浮いてしまうこともあるので私服が無難です。私服でも、襟のあるものが清潔感があるので望ましいでしょう。指示された持ち物はもちろん、筆記用具、印鑑なども用意して行きましょう。答えに困るような質問をされたり、緊張して言葉が詰まることもあるかと思いますが、そこで働きたいという気持ちが大事です。落ち着いて、素直な気持ちで臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です