服装の乱れはこころの乱れ

最近の大学生や高校生は、学校が終わってからアルバイトを始める人が増えています。しかし、働くためには面接を避けては通れません。しっかり受かって働くためは、服装や態度、言葉遣いなど幾つか気をつけるべきことがあります。まずは受けに行く時の服装は、スーツや制服が一番良いです。しかし、飲食店や販売などでは普通の服でも良いでしょう。その時は、男女共に胸元の開いていない襟付きの服装だと清潔感がありますよ。働く場所によっては、服装で合否が決まるところもあるので気をつけたいですね。服装に清潔感がある人は、社会人としての常識がある人だという印象を与えます。服装が悪いとだらしないように思われてしまい、社会人としての常識が無い人に思われて相手に悪印象を与えてしまします。シワだらけのシャツを着たり、スーツのネクタイが曲がっていたり、制服のズボンがものすごく下がっていたり、スカートの丈が短かったりして服装が乱れていて落ちるのは非常にもったいないことです。受ける前に鏡を見て、自分の服装をチェックしていくことが必要になります。また、受けている時に言葉遣いや態度も見られます。話している時に、相手にタメ口をきいたり、正しい敬語を使えなかったりすると相手は生意気な人だと感じてしまい、不愉快にさせてしまいます。受けている時の姿勢が悪かったりするのもいけません。アルバイトの面接をする人は、社会人としての常識をしっかり整えてから、受けに行く方が相手に良い印象を与えます。受ける前に、自分に足りないものを見極めることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です